Macのフォトストリームが使用できない時の対処法

やっぱりアクセス権の修復が大切!!

ある日突然、我が家のiMacのiPhotoでフォトストリームが使用出来なくなった。フォトストリームを入にするを押して少し待つと、"フォトストリームに接続できませんでした"と表示されしまう。

その他のiPhoneとiPadは問題なく使用出来ている事からiMac単体の問題と考え調べてみると、意外と同症状が発生して困っている人が多いみたい。

調べた下記の対処法を順に行なってみたので、その結果をシェアしたいと思う。

 ■ フォトストリームのキャッシュフォルダを削除

下記フォルダのいずれかを削除する事で、正常にフォトストリームが使用出来る様になったという記事を見つけた。このフォルダはキャッシュとの事で削除しても元の写真データが削除される訳では無い。

~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement/assets/sub
~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement/state/sub

解消された方が多数居られる様だが、私の場合は不具合解消はされなかった。

 ■ ディスクユーティリティーでアクセス権を修復する

Mac使いの基本である"アクセス権の修復"の事をすっかり忘れていた事に気づき早速実行してみると、前出のキャッシュフォルダ"~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement"に異常が有ると....。


少し待って修復が完了したので、iPhotoを再起動しフォトストリームを入にしてみると、今度は無事に使用可能となった。

ちなみに、ディスクユーティリティはアプリケーション/ユーティリティーの中に有るので、同様にお困りの方はまずは試してみる事をおススメする。

 ■ 〆

以前は"おまじない”の様に定期的にアクセス権の修復を行なっていたが、これによるトラブルの記事も目にしたので、すっかりご無沙汰だった。

やっぱり、アクセス権の修復って大切かもね。