Fussode COAT(Fusso SmartPhone/Fusso TabletPC)を試す

画面のギラギタ油膜から開放されるのかな?

FussodeCOATが発売された数カ月前、amazonでも直ぐに品切れになる人気ぶりで買いそびれていたのだが、Twitterのタイムラインでその事を思い出し購入してみた。

iPadにも塗布するつもりなので、私が購入したのはFusso TabletPCの方で容量が5ml。
ちなみに、もう一方のFusso SmartPhoneは3ml。

  


 ■ 試す前に現状確認

現状の私のiPhone4Sは、購入直後に防指紋クリアフィルムを貼り付けていたので、まずはフィルムを剥がして標準のコートの手触りを確認してみた。

触った感じはフィルムの糊も残っておらず、スベスベな感じで手の滑りも悪くないが、やはり手の油がついているのがハッキリと解り、拭き取りも少々力を要する。

 ■ 塗布は簡単

軽くマニュアル見て塗布開始。液をガラス面に垂らしてはティッシュで伸ばすを繰り返すだけの超簡単な作業で、ムラになる事も無かった。

マニュアルには上記を2〜3回繰り返すと記載されていたが、私はこれでもかと言わんばかりに10回程度繰り返した。違いが出るのかは解らないが....。

塗布が終わると、待つこと10〜12時間でガラスとフッ素が分子レベルで結合するらしい。
この間はiPhoneやiPadを触れないのが結構辛いが、ここはグッと我慢。

 ■ 乾燥後の触り心地はスベスベ

塗布してから11時間後に触ってみろと、標準コートの画面を触った時より1段階上のスベスベ感というのが第一印象。それと手の油がつきにくい様にも感じだ。全くつかない訳では無いので拭き取る必要は有るが、さらっと拭くだけで綺麗になる。

1時間ほど触ってみたが、指紋(手の油)の付きにくさは防指紋クリアフィルムよりもフッ素コートの方が上だと実感出来た。

試しに、1週間前に貼り替えた購入価格2.5千円程度の防指紋クリアフィルムとの滑り比較をしたところ、やはり指先で感じた違いが滑りにも出ている様だ。


 ■ 総評

防指紋クリアフィルムと比べると、このFussodeCOATの方が安価で効果も高いと感じた。マニュアルにも書いてあるが、塗布と乾燥を数日間繰り返す事で効果が高まったとレビューされている方も多いので、2〜3回繰り返してみようと思う。

このFussodeCOATがフィルムに劣る点はキズ防止だけだと思うので、落とした時のキズが心配と考える方を除いては、おススメ出来る商品と言える。

あと、MACユーザーは標準マウスに塗布するのもいいかも。樹脂なので効果の持続性とかの差が有るのかもしれないが、とりあえず乾燥直後の現在はいい感じ(マニュアルに記載の無い使用方法なので自己責任で)