Apple TV (MD199J/A) レビュー

Apple TVで、デジタルライフスタイルを変えられる?

発売当初から、いつかは購入しようと考えていた第3世代のApple TVをついに手にした。
機能面からして活躍の場は多くないだろうと思いつつ、どんな物か試してみたい一心で購入に踏み切った。まあ安いしね。

それにしても、Appleの梱包は相変わらずシンプルで無駄が無いですね〜
他の家電メーカーに有りがちな過保護なまでの緩衝材もビニールも無し。この外に販売会社(例えばAmazon)が更に梱包するのでこれで良いのでしょう。Apple Storeだとピッタリサイズのダンボール箱のみだったかな。

あと、テレビとの接続用にHDMIケーブルを購入。このプラネックスのは非常に安価で一般的な製品の1/5程度の値段。ノイズに弱い?とか思いながらも大差無いと判断して選択(2週間使ってみて全く問題なし)




  

接続は簡単で、電源とLANケーブル、そして上記のHDMIケーブルのみ。
早速ひと通りの機能をレビューする。

 ■ ミラーリング

機能名を聞いてピンとくる方も多いと思うが、iPhoneやiPadの画面をそのままテレビに表示する機能が、このミラーリングだ。

表示遅れも殆ど無く普通に使える。試しにゲームをやってみたが、操作は手元のiPhoneで行うので結局はiPhoneの画面も見なければならない為、非常に難しいというかテレビに表示させる意味があまり無いというのが正直な感想。

人に見せる時には有効かもしれないが、その様な状況は殆ど無いかなと。

 ■ Air playの概要

Apple TVの本命とも言って良い機能で、iPhone,iPad,MACの各ソースをApple TVに転送して表示する事が出来る。

とりあえず、大まかに表示可能なソースを箇条書きにしてみた。
・iPhoneやiPadに保存された動画や写真
・iTunesからiPhoneやiPadに同期した動画や音楽
・iPhoneやiPad上のAir play対応アプリの画面
・PC上のiTunesに登録された音楽や動画

 ■ iPhoneでAir play

iPhone上のソースを、Air playでApple TVに表示させるシチュエーションとして最も考えられるのは、iPhoneで撮影した写真や動画を何人かで鑑賞する事だと思う。

試しに、iPhone 4Sで撮影した約10分間の動画を、Air playでApple TVに表示させてみたが予想以上に綺麗で、iPhone 4Sのカメラ性能の良さを改めて実感した。

Air playの動作としては少し残念で、まず再生が始まるまでに今回の10分程度の動画ですら20秒程度待たされる。2時間の映画で5分以上待たされるというレビューも読んだ事が有り、この待ち時間はストレスになるレベル。更に、転送側の問題かもしれないが、時々転送が追いつかず再生が数秒止まる。

とにかく待ち時間だけでも、早急な改善をお願いしたい。

 ■ MACでAir play

MAC上のiTunesに登録された音楽や動画を、Air playでApple TVに表示させるとするなら、私の場合で最も可能性が有るのは映画の鑑賞だと思う。

早速、iTunesに手持ちの映画を登録と考えたが、これが結構面倒な作業となる。
登録するにはmpegに変換する必要が有り、結構な時間を要する。

iTunes以外の別の手段として、AirFlickというフリーウェアを使用する方法が有る。
少し対応形式が増えた(WMVやAVI)だけで大差無いという感じだが、一度しか見ないであろう動画をiTunesに登録する意味も無いので、ベターな選択がと思う。

いろいろ文句を言いながらもデータを準備しAir playで再生してみた。
やはり再生開始時の待ち時間は辛いが、今度は途中で止まる事無く約2時間のHDホームビデオが再生出来た。画質もDVDで見るのと同等で問題はない。

確かに何人かで鑑賞するには、Air playは良い機能だと確認出来たが、我が家では旅行等のホームビデオをmpegで保存する習慣も無く、Air playで再生する為にデータを準備する手間はどうにかならないものか....。

 ■ オンラインコンテンツの観覧

Apple TV単体で、YouTube等のオンラインコンテンツを観覧する事が可能だが、メニューには海外の物ばかりが並び、日本人が実質使用するのはYouTubeのみになると思う。

早速、YouTubeを観覧してみたが、これが非常に使いにくいUIでiPad等の操作感とは全く異なり、どんどん検索して見ようという気には全くなれない。正直ガックリした。
今後のバージョンアップで、Appleらしい作り込みをして欲しい。

 ■ 今後のApple TVに期待すること

いろいろと悪いところばかり目立ったレビューとなってしまったが、Apple製品という事で今後の発展に期待大だと思う。

私がApple TVへの実装を強く願う機能を書いてみた。
 ・DLNAクライアント機能
 ・NASに保存されたデータの再生
 ・ISOデータの再生

DLNAに加盟しないAppleがクライアントを実装する可能性は皆無だが、この3個の機能が実装されれば、間違いなく我が家のデジタルライフスタイルを変える製品になり、一家に2台有っても良い製品と言える。

 ■ 私の考えるApple TVとの付き合い方

Apple TVは、他のiOS機器との連携を主軸とした製品で、良く考えられていると思うが、私としてはNASに保存されたデータを手間なく観覧したいという思いが強い。

上記の今後に期待する項目にも書いたが、指を咥えて待っているのも勿体無いので、DLNA機能搭載iOSアプリを探して、Apple TVの活用の幅を広げたいと思う。

これだと言えるアプリを見つけた時点でレビューするので、待っててね。