Nikon D5100で花壇や昆虫撮影

カメラを持って普段見ないところに目をやろう

今日は天気も良く、気持ち良さそうなそよ風も吹いていたので、妻と一緒に庭木や花壇のお手入れをする事にした。ついでに花壇の花を撮影してみようよと思いカメラを手に。

Nikon D5100に、レンズはAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRをセットして撮影開始。普段は植物などを撮影する事は殆ど無いが、こういうのも良いもんだな〜としみじみ思いながら撮影に没頭していた。



ファインダーを覗くと普段は気にもならなかった事に気付くもので、庭木のゴールデンクラッカーに20匹以上のテントウムシが居るのに気付いた。
よく見ると定番のナナホシテントウだけでなく、黒地に赤星4個のナミテントウ(ヨツホシテントウって言わないみたい.....調べてみるとこの名前だった)や黒地に橙星2個も。

更に産卵中のテントウムシも居たり、幼虫や2mmほどの赤ちゃんてんとう虫まで。





撮影しながら、小さな虫も頑張ってるな〜と妙に勇気つけられた。

 ■ もっとアップで撮りたい

撮影しているうちに、もっとアップで撮りたいという欲求が湧き上がったが、上記の写真くらいまでが限界だった。マイクロ(マクロ)レンズが欲しい!!

いろいろ調べてみると、AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G EDが扱いやすくて良いらしいが、いい値段するな〜


このエントリを読んで下さった皆さん、お勧めの安価なマイクロレンズが有ったら教えて下さい。
コメントやTwitterでのメンションをお待ちしておりますm(_ _)m