モバイルバッテリー enecycle EN03 レビュー

10000mAh/3.7Vの大容量バッテリを試す

販売元のご好意で、EN03を戴いたラッキーな「とってぃ(@mHomeLab)」です。

モバイルバッテリーについては、過去にも以下の様なエントリーを書きました。

 モバイルバッテリーの選択 必要容量を計算してみた
 モバイルバッテリー enecycle EN02 レビュー

今回紹介するenecucle EN03は、10000mAh/3.7V 出力:DC5V 2.1A/1Aと大容量ですが2,580円と格安で、Amazonのレビューでも評価が高い製品です。

 ■ スッキリした外観と嵩張らない薄さが良い

本体は70mm x 99mm x23mmと手のひらに軽く乗るサイズで、重さも240gと軽いですから携帯電話をもう一台持ち歩いている感じの携帯性です。

いろいろなモバイル機器に対応する為、数種類のコネクタが付属していますが、必要な物だけ持ち歩けば良いでしょう。

 ■ 気になる充電時間(出力性能)の確認

入手した時点で75%程度(ランプ4個が点灯)充電されていたので、そのままでiPhone4S,及びiPad3への充電を試してみました。

下の表は、それぞれバッテリ残量を50%まで消費させてから10分間充電した時の増加量を記載した物です。純正アダプタとは、iPhoneは5V  1A ,iPadは5.1V  2.3Aの物です。
一応、2度繰り返してバラつきが無い事を確認しました。


【iPhone 4S】
何故か5V  1Aでは、同一出力の純正アダプタと同等の性能が出ませんでした。5V  2.1Aに接続した場合では、ほぼ同等と言える結果でした。

【iPad3】
2.1Aに接続すれば、純正アダプタと同じとはいかないまでも、許容範囲の速度で充電出来る結果が出ました。

 ■ 本体の充電時間は?

本体の充電には付属のUSBケーブルを使用します。入力仕様は5V  1Aで12〜13時間かかると取説に記載されています。

我が家のiMacやノートパソコンでは正常に充電出来ましたが、通常のUSBポートの仕様は5V  0.5Aなので、充電完了に時間を要したり充電出来ない可能性が有ります(取説に記載)から、1Aの出力が可能なUSBコネクタ出力のACアダプタを別途準備した方が良いと思います。

 ■ バッテリ容量は十分?

以前のエントリ”モバイルバッテリーの選択 必要容量を計算してみた”でも書きましたが、バッテリに記載の容量が全て使える訳ではなく出力との電圧差も有る為に単純ではありませんが、使用可能な出力容量を全容量の60%程度と仮定しても6000mAh/5V有ります。

iPhone4Sの内蔵バッテリーは1420mAhですので約4回の充電が可能と思われますから、外出先での緊急用としては十分な容量と言えます。

 ■ 〆

iPhone用として使用する場合は十分な容量と速度ですから、外出先での充電も難なく可能と思います。iPadの場合は純正アダプタより約1.5倍の充電時間を要しますから、キャンプの様なAC電源が無い環境でもない限り、少し注ぎ足す程度の用途になる様に思いますが、時間を気にしないのならフル充電も十分可能な容量です。

この様な大容量のバッテリーが2千円台で購入可能ですから、1個は持っておきたい製品と言えると思います。