WiMAXを4ヶ月使ってみて(WiMAXレビュー)


去年の11月初めにDTIのWiMAXを契約してから4ヶ月経過したので、通信速度等の詳細をレビューしたいと思う。

■ DTIのWiMAXを選択した理由


前回のエントリーにも書いたが、数あるモバイルデータ通信の中でWiMAXを選択した理由は、ソフトバンクやイーモバイルと同等のサービスエリアで高速通信が可能。

更にプロバイダによってキャッシュバック等の特典も多く、月々の支払が安価という点だった。

WiMAXプロバイダーの中でDTIを選択したのは、検討当時に評価の高かったシンセイ製のURoad-8000が提供されるのと、キャッシュバックも高額で月々の支払が実質2千円という低価格に惹かれたからだった。

その代わり、2年縛りという足かせ付きだが....。


■ 通信速度は?


DTIから提供されたURoad-8000は、受信レベルを緑,橙,赤の3色のランプで表示するので、この色を基準に通信速度を計測してみた。

受信レベルの各色を探しながら半径約5kmの移動範囲で、窓を閉めた車内にてiPhone4Sにインストールした2種類のアプリを使用して各10回計測し、飛び抜けて異なるデータを除外してから、残るデータの中心を評価値とした。

2種類のアプリ共に同等の計測結果だった為、今回は視認性の良い方のアプリ画面を掲載する事とした(文
面は小数点以下2桁目から切り捨てで記載)


〓 受信レベル緑 
2箇所の測定結果は、下記のスクリーンショットの通り下り10MBを超えており十分に実用可能な速度でウェブ観覧には全く支障無く、YouTubeでの動画再生も止まる事無く快適に観覧出来た。

しかしながら、やはり40MBには遠く及ばない値。

受信感度の緑色の範囲がどの程度で、測定時がどの程度の受信強度だったのか不明だが、今までの使用経験からも20MBを超える様な場所が有るのか疑問である。


〓 受信レベル橙 
6箇所で測定したが、測定結果に大きな幅が有り下り1.2〜7.6MB程度。

通常のウェブ観覧には支障無いレベル。
YouTubeでの動画観覧は、1.2MBだった地点だけ十分なキャッシュが出来た時点で再生を開始しなければ、途中で止まる状況だった。 


その他は2.8,3.6,3.9,6.8MBという計測結果

〓 受信レベル赤 
5箇所で測定したが、通信不可〜下り1.8MB程度。

室内や高速道路でよく発生する圏外では無いが通信出来ない(タイムオーバー)状況が、測定時も発生した。

私の生活圏では実際この状況が頻繁に発生する為、イライラする事がよく有る。

圏外なら最初から諦めもつくが、受信出来ているので試してみると結果的に繋がらないといった事になり、感じるストレスも倍増する。

赤色表示でも1MB超える事も有り、感度表示は目安にはなるが鵜呑みに出来ない部分が多いと感じる。

その他は0.3,0.5,1.7MBという計測結果

■ URoad-8000って良いの?

他のWiMAX用ルーターの使用経験が無いので受信感度の比較が出来ない為、それを除く使用感を思うままに記載する。


〓 良いと思う所 〓
連続通信時間約9時間(待ち受け18時間)というだけ有って、バッテリーの持ちは良いと思う。

フル充電から約2時間の待ち受けでバッテリー残量表示が黄色になる為に不安を感じてしまうが、黄色と赤色の期間が妙に長く、バッテリーについては不満を感じない。

また、小型で角に丸みのあるシルエットから携帯性に優れており、ズボンのポケットに入れていても違和感は無い。

〓 悪いと思う所 〓
室外でのランプの視認性が非常に悪い。

始めて室外で使用した日、曇り空だったにも関わらず電源が入っている事が認識出来ず電源釦を何度も押してしまい、結果的に電源入/切を繰り返してしまった。

視認性が悪い事を認識した今でも、注意深く見ても晴天時は全くと言ってよいほどランプが確認出来ない為、本機の状態確認に手間取る事が多々有る。

バッテリー消費を抑えるのが目的なら、普段は消して電源釦をワンプシュした時だけ数秒強く点灯させる等の工夫をして欲しい。

(ファームウェアのバージョンアップで対応してくれないかな)


■ 結局WiMAXって良いの?

当たり前の事だが、受信状況が良ければ文句無くベターなモバイル通信だと思う。

ソフトバンクのULTRA WiFi等、高速通信が売りの製品が複数有る中、コストパフォーマンスはピカイチ。

しかしながら、私の使用環境では少々ストレスを感じる。
週末に高速道路に乗って移動,郊外や山間部,海辺で遊ぶ事が多いが、かなりの確率で受
信感度赤だったり圏外の為、思うようにインターネットに接続出来ない。

UQ WiMAXのホームページに記載されたサービスエリアの地図は結構当てにならない事が多く、実際にエリア内であっても圏外の場所は多く存在する。

このエントリーを読んで頂いた皆さんも、TryWiMAX等で自分の生活圏に合ったサービスであるか見極めて欲しい。

やっぱり、モバイル通信だから仕方ないとは割り切れない。
モバイル通信だからこそ、どこでも繋がって欲しい。

どこでも....ドコモ?

最近では、FOMA網を安価に使用可能なサービスも多く出てきており、密かに乗り換えを検討中だったりする。