オシャレなカレンダーアプリ Staccalに乗り換えようと思った理由

デザインの良さとジェスチャーを駆使したUIが魅力

全てのスケジュールを、iPhoneのカレンダーアプリで管理している「とってぃ(@mHomeLab)」です。

通常のスケジュールだけでなく、ToDo的な物まで全てカレンダーアプリで管理していますので、一日の登録数は10件を超える事も有ります。ToDo管理を別のアプリで行った時期も有りましたが、スケジュールとやらなきゃならない事を一度に見渡すには不便ですから、この様な管理方法になりました。

iPhoneを使い始めて約4年、数々のアプリを試しては乗り換えるを繰り返しながら1年程前に"さいすけ"に辿り着き、私が購入した頃は確か千円台で少し高額な部類のアプリでしたが、他のアプリとは比較にならない使いやすさが有り愛用していました。

そんな中、キラリと光るカレンダーアプリが私の目の前に現れました。それがMobile and Designから発売されたStaccalです。
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥350


TwitterのタイムラインやRSSにも絶賛の嵐が吹きまくっていましたので、これは"さいすけ"を超えるアプリかも!!と思い、発売翌日に購入しました。

 ■ Staccalの魅力1『デザイン』

何と言ってもまず目を引くのがデザインの良さだと思います。アイコンにも開発者さんのこだわりが有り、とても綺麗です。さいすけと比較して申し訳無いのですが、圧倒的にStaccalの方が洗練されており、月,週,日等の各ビューが良くデザインされており纏まっています。

上のスクリーンショットは、私がカスタマイズした状態なのでデフォルトとは異なりますが、各ビュー共にスッキリとしたデザインが特徴です(画像をクリックすると拡大して表示します)

 ■ Staccalの魅力2『カスタマイズ』

自分が気に入った手帳を使いたいというのは誰しも思うことですが、そんな願いもStaccalは叶えてくれています。リフィル(手帳でいう用紙)やメニュー等の背景を下記の様に数種類から選択が可能ですので、洗練されたデザインを更に自分好みにカスタマイズ可能です。


更に、カスタマイズの範囲は見た目だけに留まらず、各ビューでのジェスチャーによる挙動も設定が出来ますから、使い勝手も自分流にする事が可能です。

 ■ Staccalの魅力3『ジェスチャー』

魅力2でも記載しました各ビューのジェスチャー設定だけでなく、イベント詳細表示を閉じる時など、直感的なジェスチャーが数多く取り入れられています。

イベント詳細表示をスワイプで閉じている様子

過剰なジェスチャーの採用は使いにくくする部分も有りますが、Staccalはその様な事もなく使い心地の良い操作感です。

 ■ Staccalの魅力4『開発者さんが日本人』

ゲームなどと違って、カレンダーアプリは日本語化されていれば良いという物では無いと私は思います。例えば、和暦表示は海外の開発者さんではサポートしてくれる可能性は低いでしょうし、細かな部分でシックリ来ない事が多々有りました。

今までに和製以外のカレンダーアプリを数個使用しましたが、不思議な事に時間を10分単位でしか設定出来ないアプリにしか出会えず、やっぱりカレンダーアプリは和製にしようと心に決めています。欧米の人は大雑把なんですかね〜と言ったら仕事仲間のアメリカ人に怒られるかもしれませんが....。

それと、近頃はTwitterなどでオープンに対話してくれる開発者さんも多く、日本語で気軽にお話出来るのもありがたいです。Staccalの開発者さんは@goandoのアカウントで活動されており、私も何度かお話させて頂きました。

ここで注意したいのは、決してクレーマーにならない事ですね。お金を払っているからといって一方的なクレームや無理な要望をするべきではありません。

 ■ Staccalに望む機能追加や、改善して欲しい内容

まだ使い始めて数週間ですが、自分なりに追加して欲しい機能等を書き出してみました。もし開発者さん(@goando)が見たら、上では無理な要望は駄目とか書いといて勝手な事を言うな〜と怒られるかもしれませんが、私の妄想という事でご容赦を。また私の勘違いも有るかもしれませんので、その時はゴメンなさい。

・イベント追加時に入力したタイトルを、その場でテンプレートに追加したい
・イベントと場所の個別テンプレートが欲しい
・ワンタップで通知無しに設定出来る様にして欲しい(現状は通知を削除する形式)
・月,及び週表示+選択日のイベントリスト表示が欲しい
・ビュー切替のレスポンス向上
・休日設定を可能とし、背景色が変更出来る様にして欲しい
 (こちらは今後のバージョンアップで盛り込み予定との事でしたので、ありがたいです)

 ■ 〆

発売当時のVer1.0.0で相当な作り込みを見せつけ、Ver1.1.0ではレスポンスの向上。更には機能アップを盛り込んだ物を既にAppleに申請中とTwitterで発信されていました。

この様に、今後の機能アップに期待出来るアプリはユーザーにとって嬉しい事で、それがわずか350円で手に入るんですから、是非ダウンロードして使ってみて下さい。
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥350